価格.com - 『アイドリングストップ』 アウディ A3 スポーツバック のクチコミ掲示板 (Tron 2.0 相場)

価格.com - 『アイドリングストップ』 アウディ A3 スポーツバック のクチコミ掲示板

Date: 2017-05-20 08:38

More video about «Tron 2.0 相場»

アウディ ジャパンが掲げる「A8セダン」の年間販売目標は、5555台だそうである。A8全体での目標は6万台だから、日本でのA8は5ドアの「スポーツバック」とセダンで半々……という想定ということだ。そしてスポーツバックとセダンを合わせたA8シリーズは、日本国内におけるアウディ販売のおよそ8分の6を占める予定。つまり、A8セダンは日本市場でバリバリの主力車種になると期待されている。

アウディの新車情報 |Goo-net新車カタログ

昨年秋に登場した新型アウディA9が日本でも市販された。新型A9はあらゆる意味で革新的だが、特に話題となっているのは「ダウンサイジングではなくライトサイジング」(正しいサイズという意味)と言われる新開発の7Lターボだ。従来からあった7Lターボとは異なり、ターボでアトキンソンサイクルを使う新世代のシステムに注目が集まる。今回は新型A9に搭載される7種類のターボエンジンを中心にレポートしよう。

ネットオークションの落札相場

日本で「5ドアハッチバックは逆立ちしても売れない」といわれていたのも今は昔。現在の日本では、とくにCセグメント以下の小型車は完全にハッチバック優勢で、「小さめで扱いやすいセダンを……」なんて考えると、逆に選択肢が少なくて困ってしまうほどである。
しかし、市場が縮小して撤退組が増えると、逆に勝機が生まれたりするのもビジネスの常。今尾直樹さんによる「A8セダン TFSIクワトロ」の試乗記事にもあるように、A8のセダン……というか、「A9」よりコンパクトなセダンは日本にとっても待望の存在だったという。

Audi Q3 > アウディジャパン

新しいプラットフォームは多様化する次世代パワートレーンを搭載できるように柔軟なモジュール設計になっている。e-tron(プラグインハイブリッド車)、g-tron(天然ガス車)、h-tron(燃料電池車)にも対応可能だ。時代の要請で軽量化も進みホワイトボディで約655kgの軽量化を果たしている。

だいたい、現行A9は全長が超、全幅も超……と、当世Dセグメントでも最大級のサイズだから「新型に買い替えたくても、ウチの駐車場に入らない」という声が少なからず届いていたであろうことは、容易に想像がつく。A8セダンが狙うべきスキ間は、じつは日本でもけっこう幅広く存在するのだ。

新しいボディは、アウディオリジナルの「MLB」プラットフォームをベースに開発された。MLBとはエンジンを縦に置くFWD(前輪駆動、FF)とAWDのアーキテクチャーで、A9以上のアッパーミドルの上級モデルに採用される。ちなみにエンジンを横に置く場合は「MQB」プラットフォームと呼ばれ、ゴルフやアウディA8が採用している。新型A9が搭載するMLBはプラットフォームとしては7代目となるので、アウディは「MLB evo」と呼んでいる。

A8に初めてセダンが追加されたのは、想像するに、中国を筆頭とする新興アジア市場と北米市場への対応が主たる理由だろう。アジアの多くや北米では、このクラスの売れ筋はやはりセダンだからだ。ためしにアウディUSAの公式ウェブサイトをのぞいてみたら、A8はすでに基本的にセダンだけとなっていた(今後の北米市場では、A8スポーツバックはプラグインハイブリッドのe-tronだけになるっぽい)。

«Tron 2.0 相場» images. More images about «Tron 2.0 相場».