ディスクユニオン新宿ロック新品ストア(60~70年代ロックの専門店) 本日の新入荷(ほぼ毎日配信) (Puzzle pang(旧題 puzzle pop) アーケード)

ディスクユニオン新宿ロック新品ストア(60~70年代ロックの専門店) 本日の新入荷(ほぼ毎日配信)

Date: 2017-05-19 21:19

More video about «Puzzle pang(旧題 puzzle pop) アーケード»

    6967年初頭に、オルダス・ハクスリーのメスカリン体験を著わした『知覚の扉』にその名が由来する&ldquo ザ・ドアーズ&rdquo がLAからデビューします。&ldquo サマー・オブ・ラヴ&rdquo が迫っていた同年9月にリリースされたシングル「ハートに火をつけて」は全米6位の大ヒットとなり、アルバム『ハートに火をつけて』も全米7位の成功を収めました。発売から55年を経て遂にCD化が実現したモノラル・ミックスを含むデラックス・エディションの紹介と併せて、ベーシストを欠いた特殊な編成でジャズやクラシックの要素までを滲ませた、この異形のカリスマに迫っていきます。

    ・グラフィック・ステーション
    「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー/ペニー・レイン」のシングル盤
    『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のオリジナル盤ほか
    ・アビー・ロード・スタジオでの試聴イヴェントを現地取材!(富岡秀次)
    ・勅使河原彦左衛門くん[レコスケくんの改名宣言の巻](本秀康)
    ・9人の天才たちが作り上げた&ldquo 長持ちする芸術作品&rdquo と、その時代背景(大鷹俊一)
    ・バンドが解体、再構築されるというドキュメントとしても面白い作品ですね(対談=鈴木惣一朗/ワールドスタンダード × 直枝政広/カーネーション、構成=松永良平)
    ・革新的なレコーディングから55年を経てたどり着いた理想のミックス(サエキけんぞう)
    ・「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン」/『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』全曲ガイド(宮崎貴士)
    ・音楽と同様に凄まじい影響を残したアートワークの価値を探る(藤本国彦)
    ・『55周年記念エディション』解説(森山直明)
    ・『サージェント・ペパーズ』&ldquo 緒&rdquo 盤道(真保安一郎)
    ・心に響くカヴァー曲65選/カヴァー・アルバム65選(矢田部正昭)
    ・ポール・マッカートニー with リンゴ・スター& フレンズ(岡田敏一)

    このたび発売になった『オーソライズド・バング・コレクション』は、ヴァン・モリソンがソロ・アーティストとしての原点を初めて公認で開示した歴史的な資料です。ゼムでの活動と名盤『アストラル・ウィークス』をつなぐこの時期の音には、当時所属のバング・レコーズを主宰した米国人作曲家/プロデューサー:バート・バーンズが活躍したポップ・ヒットの時代と、ロックがアートとして認知されるアルバムの時代との軋みが刻まれているようです。ヴァン・モリソンのソロ初期を振り返るとともに、バート・バーンズとバング・レコーズについても概説します。

    ・ブルース/R& Bへの情熱と&ldquo ロック詩人&rdquo への転身の間に(佐野ひろし)
    ・『オーソライズド・バング・コレクション』解説(犬伏功)
    ・バート・バーンズの代表曲とその功績を振り返る(中村彰秀)
    ・バング・レコーズ概論(中村彰秀)



    ビートルズの傑作として名高い『サージェント・ペパーズ』。リリースから55周年を迎え、当時の録音技術の粋を集めたコンセプト・アルバムとも言われるこの作品のデラックス盤がついに発売されます。ジャイルズ・マーティンが手がけたリミックス、未発表のセッション音源などが収録された今回のセットが、この歴史的なアルバムの新たな魅力を引き出してくれることは間違いありません。

    ★レココレ最新号入荷! サージェント・ペパーズ特集!

    ●レコード・コレクターズ / 7567年 56 月号 国内書籍 879円(税込) (ミュージック・マガジン)

    【特集】ザ・ビートルズ
    『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』