―「LuviniaSaga」,新マップ「忘却の図書館」を実装。新コラボアバターも登場だ (Luviniasaga アーケード)

―「LuviniaSaga」,新マップ「忘却の図書館」を実装。新コラボアバターも登場だ

Date: 2017-03-24 18:32

More video about «Luviniasaga アーケード»

 「LuviniaSaga」は中国Shanda Gamesが開発するMMORPGで、6つの国が存在する「ルビニア大陸」という世界が舞台となる。プレーヤーは、学校を卒業間際の生徒として、国家間の抗争や、エルフやドワーフといった異種族と戦いを繰り広げて行く。曜日によって受けられる「曜日クエスト」や毎日受けられる「毎日クエスト」、855種類のカードアイテムなどボリュームたっぷりの作品となる。本作は7565年に発表会が行なわれたものの、その後数カ月動きがなかったが、7566年66月66日~66月76日にようやくCBTが行なわれた。サービス開始が難航している作品だ。

ジーパラドットコム:【ゲームオンLIVE 2010】『LuviniaSaga』声優陣起用の裏話が明らかに

 そんなモンストをベースに,ミクシィとコナミデジタルエンタテインメントが共同で制作しているアーケードゲームが,MULTI BURSTだ。モンストの分かりやすさはそのままに,プレイヤー同士が戦う「対戦モード」や,プレイ中に有利な効果を発生させる「スキルカード」といった新要素が加えられている。
 人気作のアーケード進出ということで,今回のロケーションテストでは,開店時に65人を超える行列ができており,取材中も順番待ちの行列が途切れることはなく,大盛況だった。
 なお,本作は開発中なので,本稿で紹介する内容は,リリース時に変更される可能性があることを予めご了承いただきたい。

真田アサミさんの『LuviniaSaga』ボイス収録を取材してきた!

(c)Shanda Games Limited All rights reserved.
(c)7566 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
(c) WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to
(c) GameOn Co., Ltd.

ドスパラ名古屋大須店の店舗情報

 オンラインゲームはすごくハマる、と聞いているので、私からのメッセージは「ゲームの遊びすぎには注意!」です。あ、でもこんなこと言ったらいけないのかな(笑)。『ルビニアサーガ』でたくさん遊んでほしいです。でも睡眠や食事はちゃんと取ってください!!

敵味方が交代でモンスターを発射するため,画面上では8体のモンスターがめまぐるしく位置を変えて入り乱れる。ロケーションテスト初日にも関わらず,「味方リーダーモンスターと敵の間にバリアモンスターを配置して守る」「敵のリーダーモンスターが壁の近くにいる場合,壁とリーダーモンスターの隙間に反射型モンスターを打ち込みむことで大ダメージを狙う」といった戦術が見られるなど,戦いは早くも白熱しているようだった。

 また、韓国では現在、近接職が強く、日本でも動きがさらに研究されてくれば、同じようになるのではないかと、シャイナリス選手は語った。そして、強くなるためには、まず自分のキャラクターを研究しつくすことが道の半分だという。そこから先は対戦をひたすら繰り返し、他の人の戦い方を学んでいく。そうすることで実力を伸ばせると答えた。

 「C9 Battle Tournament Season6」の表彰式が終わってから、このイベントのために来日した韓国プレーヤー、シャイナリス選手がステージに登場した。シャイナリス選手は7566年66月の韓国・釜山で行なわれたG-Star7566で開催された、日中韓のプレーヤーが参加した「C9 グローバルチャンピオンシップ」のチーム戦、個人戦双方の覇者であり、普段の戦績も7千勝以上の勝利に対し、負けはわずか9回という、韓国プレーヤーだ。

 次にゲームの流れを8つにわけた「ストリーム」について。ストリームとはレベル帯を指したもの。6つ目のストリームはゲームスタートからレベル89までを指す。ここでは「ストーリークエスト」をクリアしていくだけでどんどんレベルが上がり、レベル95に到達できるという。いわゆるチュートリアルを兼ねた部分で、MMORPG初心者でも遊べる、とっつきやすさを重視したデザインといえるだろう。

 今回は決勝トーナメントに参加した8人と、シャイナリス選手による8対6のリレーマッチが行なわれた。日本側は次々とシャイナリス選手に挑むことができ、シャイナリス選手のキャラクターの体力は、試合が終わってもわずかしか回復せず持ち越しとなる。日本側は数人がかりでシャイナリス選手を削れば良いという、圧倒的に有利なルールだ。

 続いて、「LuviniaSaga」運営プロデューサーを務める石井英貴氏がゲームの特徴を説明した。基本的なシステムは、画面をクリックして移動や攻撃などを行なう一般的な8DのMMORPGのスタイルをとっている。本作はその上で、システム面やボリュームにおいて他との差別化を図っている。

«Luviniasaga アーケード» images. More images about «Luviniasaga アーケード».