General AI Challenge Kick-off Meeting in Tokyo - connpass

Date: 2017-05-22 04:15

More video about «Kick off ために»

そのうえで、このプロジェクトはまだ初期段階のため、まずは参加動機や、PM業務での悩み、議論したいことを自己紹介し合いながら、これからの動きを決めたいーーそんなイントロから始まり早速ワークをスタート!
どんどん書き出し、共有していきます。

Evernote Devcup 2013 Kick off in Tokyoに参加してきました

そして今年3度目のコンテストに向けてキックオフシンポジウムを開催致します!今回の開催にあたり特にSee-Dは「現地のためになるものを作って届けたい」という当初の思いを強くし、より現地の生活に根ざした事業モデルの創出に向けて、プログラムを実施する予定です。

俳優座「反応工程」を成功させる会 | KICK OFF

お問い合わせの際は、下記、お問い合わせフォーム一覧もぜひご活用ください。
お問合せフォーム一覧はこちら
 ※休み中にいただきましたお問い合わせは、翌営業日以降に順次対応させていただきます。
  ご回答までに数日お時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。 -->

Kick off meeting

なお、登録情報の対象には、第三者の個人情報に該当するものもありますが、そのような情報につきましても、直接登録いただく方が本人(未成年者の場合はその親権者、以下同じ)から(i)直接登録いただく方が本人の情報を本サイトに登録すること、並びに(ii)本人の情報が本ポリシーの定めるところに従って取得され、管理され、利用されること、に対する同意を事前に取得しているものとみなされます。第三者の個人情報を登録される場合には、本人から上記(i)及び(ii)の点について事前に同意を得ていただきますようお願いいたします。

(余談ですが、このグループでは付箋ではなく、「 Manual Thinking® 」という、貼ってはがせるラベルツールを使っていました。黒い枠線があるだけでなぜか読みやすく、なかなか好評だったので気になる方はぜひどうぞ。日本でも購入可能だそうです。)

冒頭は、PM(プロジェクトマネージャー)歴9年のロフトワーク・井上からプロジェクトのおさらいを。
このプロジェクトには、
・︎「Web業界」ならではのプロジェクトマネジメントの知見を増やすこと
・集合知を「オープン」にし、Web業界全体のレベルアップを目指すこと
・Web業界の「PM仲間」が集まるコミュニティでもあること
という目的があることををまずは確認。

「リスペクト 」の説明があるので「賛同して次へ進む」か「賛同しないで次へ進む」を選びクリック。
リスペクトは大事ですよね。「賛同しないで次へ進む」を選ぶとどうなるか分かりませんが、僕は「賛同して次へ進む」を選択し、「次へ」をクリック。

・「所属のFAから承認されたのに、選手証が届いてない・・・」などということはありませんか?
WEB申請が承認されても、登録料の支払いを忘れて未払いになっている場合には登録が完了していませんので、選手証はお手元に届きません。また、未払い申請や書類の提出漏れの申請が残っていると、7567年8月79日まで新年度の申請ができなくなります。登録責任者(登録責任者代理)の方は、今一度、手続き漏れがないかKICKOFFで確認してください。

プロジェクトへの 参加を呼びかけて から約6ヶ月。Web業界でPMに携わる約655名もの方々が参加に賛同し、ついにそのキックオフミーティングが京都と東京で開催されました!
参加者の悩みと希望が交じり合い、大いに盛り上がった(そして仕事への士気が高まった!?)様子を、東京のキックオフを中心にレポートします!

こうして各グループを回り内容を聞きながら、「自分も取り組みたい活動のアイデア」にシールで投票していきます。PM歴が長い人、初心者の人、いままさに直面している課題の解決、これからPMに関わる人のためのナレッジの共有……さまざまな視点・意図で投票が進み、特に共感の集まるアイデアや問題意識が明らかになっていきました。

«Kick off ために» images. More images about «Kick off ために».