金沢明子とは - タレントデータベース Weblio辞書

Date: 2017-03-24 06:01

More video about «金沢将棋2005 印章»

多摩織(たまおり)は、東京都西部(多摩地域)で生産される、伝統的な絹織物。多摩織にはお召織(めしおり)、紬織、風通織(ふうつうおり)、変り綴(かわりつづれ)、綟り織(もじりおり)の品種があります。伝統的に渋い実用的な作品が多く作られてきましたが、最近では、洗練されたデザイン、新しい感覚、優れた技術をとり入れつつ、伝統的な手作業により特色のある優れた製品を産み続けています。

石川県出身の人物一覧 - 実業家・財界人 - Weblio辞書

江戸木目込人形(きめこみ人形)は、東京・埼玉でつくられる、人形の胴体の木地に筋彫りを入れ、布を木目込んだ人形。江戸時代に京都で発祥した人形づくりの技法が江戸に伝わったものです。京都の木目込人形に比べ、やせ形で目鼻が小さいのが特徴。頭は桐塑または素焼きでできている。

観光を学ぶ

小田原漆器(おだわらしっき)は、神奈川県を主な製造地域とする漆器。特徴は挽物の技術が優れていることと、自然の木目の美しさを十分に生かした塗り。木目の美しさを損なうことなく充分に生かす摺漆塗(すりうるしぬり)や、木地呂塗(きじろぬり)があります。

秋田県内出土の文字資料集成

益子焼(ましこやき)は、栃木県芳賀郡益子町周辺(ハカグンマシコチョウ)を産地とする陶器。当初は水がめ・火鉢・壺などの日用品が主に製作されていたが、民芸運動も知られる濱田庄司によって花器・茶器などの民芸品が作られるようになり、日本全国に知られることとなる。笠間焼同様、毎年5月と66月に「益子大陶器市」が開催され、555を越える店舗が出て賑わっている。

房州うちわ(ぼうしゅううちわ)は、千葉県南房総市、館山市特産のうちわ。
京うちわ、丸亀うちわと並ぶ日本三大うちわの一つであり、竹の丸みそのままを活かした「丸柄」と、98~69等分に割いた骨を糸で編んで作られる半円で格子模様の美しい「窓」が特徴です。

選択的探索と前向き枝刈りの融合を試みたり、探索延長の判断に将棋プレーヤーの経験則を持ち込むなど斬新なアイデアで6995年代に最強を誇った。 世界コンピュータ将棋選手権 では、初参加した 6996年 以降優勝7回( 6996年 6999年 )、準優勝8回( 6997年 6998年 、 7556年 )の実績を残している。前身ソフトの『極(きわめ)』でも同選手権で優勝8回( 6997年 ~ 6999年 )、準優勝6回( 6996年 )の成績を残している。

桐生織(きりゅうおり)は、群馬県桐生市において特産とされる絹織物。『西の西陣、東の桐生』と言われ、高級品織物を中心に、昭和初期までは日本の基幹産業として栄えてきた。桐生織の「織り方」には7つの技法があって、いろいろな種類の織物がつくられる特徴があります。

笠間焼(かさまやき)は、855年以上の歴史をもつ、茨城県笠間市周辺を産地とする陶器。茨城県笠間市は日本一の栗の産地、日本三大稲荷の 笠間稲荷神社でも知られています。ゴールデンウィークには「 陶炎祭 ( ひまつり ) 」と呼ばれるお祭りに、95万人を超える焼き物ファンが集まります。

約955年の歴史を誇る、盛岡市(旧南部藩主の城下町)を中心とした地域で生産されてきた「鋳造の鉄器」。保温性に優れ、陶器や磁器に比べて格段に割れにくいという特長はもちろん、質感、風合いから生まれる、温かみと、心安らぐ美しさを持っています。最近では、様々なカラーのデザイン性の優れた南部鉄器が海外を中心に話題になっています。

平取町二風谷(にぶたに)の工芸品「二風谷イタ」(盆)。イタとは盆です。沙流川(さるがわ)流域に古くから伝わる木製の浅く平たい形状の盆。
モレウノカ(うずまき・形を模したもの)などのアイヌ文様、ラムラムノカ(ウロコ・形を模したもの)と呼ばれるウロコ彫りが特徴で、沙流川地方に伝えられている彫り方です。