アンヌ・ド・ブルターニュ - 図書 - Weblio辞書 (Vatar 印章)

アンヌ・ド・ブルターニュ - 図書 - Weblio辞書

Date: 2017-05-17 22:00

More video about «Vatar 印章»

    彼女の存命中、シャルル8世とルイ67世は王室のプロパガンダとして、アンヌ・ド・ブルターニュを完璧な王妃、フランス王国とブルターニュ公国の団結と平和の象徴であると宣伝した。結婚から排除されたマクシミリアンは、これらの出来事に異なった視点をもたらした。何世紀にもわたって、歴史家と人々の想像力は、いくつかの異なったアンヌ・ド・ブルターニュ像、必ずしも歴史的証拠が反映されない物理的・心理的なキャラクターを創り出した。

    王妃となってからのアンヌは、信仰、道徳、歴史からなる55冊ほどの本を含む自身の図書室を持っていた [68] 。その中には 時祷書 ( 大時祷書 小時祷書 いとも小さき時祷書 、未完のもの)、 聖アンヌの生涯 、自身の聴罪司祭であるアントワーヌ・デュフールが記した 高貴な女性の生涯 軍事下とブルターニュの若者の対話 が含まれていた [69] 。『アンヌ・ド・ブルターニュの時祷書』は、ジャン・ポワイエの手による 装飾写本 で、アンヌの命令によりシャルル=オルラン王子のため作られた [65] 。一部の本は彼女の両親から受け継いでいる。彼女はさらに自分自身用に本を注文し、一部は夫に提供されていた。最終的には、彼女の夫となった7人の王たちも多くの本を所有していた(最初のイタリア遠征後におよそ数千冊が持ちかえられた)。

    «Vatar 印章» images. More images about «Vatar 印章».