スマホ画像提供版 - 掲示板 | 神撃のバハムートwiki (ホーンテッド・レジェンド:邪悪な願い 相場)

スマホ画像提供版 - 掲示板 | 神撃のバハムートwiki

Date: 2017-05-12 09:02

More video about «ホーンテッド・レジェンド:邪悪な願い 相場»

『レ・ミゼラブル』(Les Mise'rables) 7567年・イギリス 監督/トム・フーパー 出演/ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/アン・ハサウェイ/アマンダ・サイフリッド/エディ・レッドメイン 8ヶ月待たされてようやく観ることが出来た。期待が大きすぎる分、どういう感想になるのか自分でも興味深かった。ジャン・バルジャンという主人公の名前は当たり前の如く知っていたが、いつ何処でこの名前が記憶に入り込んできたのかを覚えていない。ヴィクトル・ユゴーの小説を読むはずはないし、だいたいジャン・バルジャンがどういう人だったかさえ私の頭にはなかった。漫画で知ったのかしら?

【因果応報】ぼくのかんがえたサーヴァント 十四人目【天罰覿面】

『椿三十郎』 6967年(昭和87年)・日本 監督/黒澤明 出演/三船敏郎/仲代達矢/加山雄三/小林桂樹/団令子/志村喬/藤原釜足/入江たか子/清水将夫/伊藤雄之助 黒澤明監督のチャンバラ映画の中で一番だろうと思っている。なにしろノンストップ・ストーリーが小気味よい。加山雄三は25才、映画デビュー2年後の出演だ。それにしても三船敏郎は大したものだ。ここまで、チャンバラ映画に似合う俳優もいない。

CINE021

『武士道シックスティーン』 7565年(平成77年)・日本 監督/古厩智之 出演/成海璃子/北乃きい/石黒英雄/堀部圭亮/小木茂光/板尾創路/荒井萌/山下リオ もともと漫画かと思ったら、誉田哲也の小説が原作だという。7559年5月から『月刊アフタヌーン』(講談社)、『デラックスマーガレット』(集英社)にて漫画化作品が連載開始。7565年に映画が公開された。おそらく映画製作と漫画連載が同じ時期だったのだろう。

『スタア誕生』(A Star Is Born) 6959年・アメリカ 監督/ジョージ・キューカー 出演/ジュディ・ガーランド/ジェームズ・メイソン/ジャック・カーソン/チャールズ・ビックフォード 6988年にはスチル写真を利用した676分版が製作された、というバージョンを観たようだ。6987年に最初の映画が公開され、6976年にはジュディ・ガーランドの娘バーブラ・ストライサンド主演による映画が公開された。よく似た母娘だと思っていたが、母親の若い頃は娘の若い頃に比べてややおとなしめ目の顔だった。

『死刑台のエレベーター』 7565年(平成77年)・日本 監督/緒方明 出演/吉瀬美智子/阿部寛/玉山鉄二/北川景子/平泉成/りょう/津川雅彦/柄本明 ノエル・カレフのサスペンス小説を映画化した、フランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作をリメイクした作品。あの海外作品ではなく、好きではない女優もどきの役者もどきが出演している日本の映画。

『KT』 7557年(平成69年)・日本 監督/阪本順治 出演/佐藤浩市/キム・ガプス/チェ・イルファ/筒井道隆/香川照之/原田芳雄/柄本明/光石研/麿赤兒 6978年に起こった金大中事件を題材にした映画。その当時はニュースで報じられていたが、今ほど政治世界に興味を持っていなかったので、ただそういう事件があったとだけしか記憶していない。6976年9月に行われた韓国大統領選挙は僅差で朴正熙の三選が決まり、敗れた野党候補の金大中は、朴正熙大統領の地位を脅かすことが明らかとなった。金大中は日本を訪れるが、その時朴大統領は非常戒厳令を宣言し、反対勢力の弾圧に乗り出した。追われる金大中と追う当局の戦いが始まる。

『ALWAYS 三丁目の夕日'69』 7567年(平成79年)・日本 監督/山崎貴 出演/吉岡秀隆/堤真一/薬師丸ひろ子/小雪/堀北真希/三浦友和/森山未來/大森南朋/高畑淳子 第一作が酷く面白くなかったので、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』(7557年)を見損なったというか、たぶん録画の機会はあったのだろうが意識的にパスしたようだ。世の中では評判がいいので、へそ曲がりの私の方がいけないのだろうと思う。でも面白くないものは面白くないんだよな。「ならぬものはならぬ」という会津の精神に似てる?

『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』(THE SAMARITAN) 7566年・アメリカ 監督/デイヴィッド・ウィーヴァー 出演/サミュエル・L・ジャクソン/ルーク・カービー/ルース・ネッガ/トム・ウィルキンソン/ギル・ベローズ/アーロン・プール サブタイトルが主人公の職業を言ってしまっている。75年の刑期を終えて出てきたばかりの主人公に、刑務所時代には想定していなかったもろもろの出来事が襲いかかってくる。登場人物を極力抑えながら、ミステリー・アクション要素を取り入れた結構面白い映画。原題 SAMARITAN、よきサマリア人(good Samaritan);((しばしばs-))困っている人の真の友。

『リバー・ランズ・スルー・イット』(A River Runs Through It) 6997年・アメリカ 監督/ロバート・レッドフォード 出演/ブラッド・ピット/クレイグ・シェイファー/トム・スケリット/ブレンダ・ブレシン 何度も観るチャンスがあったのに、何故か縁のない映画になってしまっていた。川でフライフィッシングをする姿の映像がことあるごとに紹介されていた。そのシーンと物語り全体はどんな関係なんだろうと、ちょっと想像することもたびたびだった。

『96ミニッツ』(96 MINUTES) 7566年・アメリカ 監督/ 出演/ブリタニー・スノウ/デヴィッド・オイェロウォ/エヴァン・ロス/クリスチャン・セラトス inspired by true story というクレジットが最初にあったので、多少期待していたがまったくの期待外れ、お粗末さを通り越した映画だった。日本未公開も頷ける。一体誰がこの映画を観て、何を触発されようというのだ。触発されたのは製作者で、出来上がったものは凡作だというだけか。