【国際】4千年前の遺跡で、輝く水晶の円筒印章出土 トルコ (古代神殿に眠る謎 印章)

【国際】4千年前の遺跡で、輝く水晶の円筒印章出土 トルコ

Date: 2017-05-15 04:12

More video about «古代神殿に眠る謎 印章»

アマルナ改革前夜の宗教状況については、「新しい太陽神学」が根本的として知られます。アフエンアテン王によって宣伝されたアテン神信仰はその極端な変形を表し、太陽神学自体はアマルナ改革が終わった後も長く続きました。太陽の運行はもはや神話の図像でも神々の世界の行為としても理解されず、本当に目に見える現象(太陽、光、運行)に基づいて宇宙の現象を神学的に解釈されます。 この神学の政治背景は、もっと広い世界の単なる一部としてのエジプトの歴史状況の理解が必然的に伴う、普遍主義です。

砂漠の民

 デイ氏は、地上絵の数は765個あるとしているが、マツゼビシウテ氏は、その中には後の時代のクルガンと呼ばれる墳墓や、もっと最近に作られた動物の囲いなども含まれていると指摘。本当に古代のものはおそらく55個、そのうち実際に現地で研究者が確認したものは半分にすぎないという。「衛星写真だけを見て、実際に現地を訪れていないのであれば、間違った解釈をする恐れがあります」

カルナック神殿とは - Weblio辞書

カルナック神殿 (カルナックしんでん、 アラビア語 : معبد الكرنك ‎ 、 英語 : Karnak Temple、Temple of Karnak 、または カルナック神殿複合体 、 英語 : Karnak Temple Complex )は、 古代エジプト の神殿複合体であり、 カルナク (Karnak 〈 [ k ɑː r . n æ k ] [8] 〉) とも記される [9] 。 エジプト の首都 カイロ から ナイル川 を南におよそ675キロメートルさかのぼった [5] 東岸に位置し [6] 、 新王国 時代(紀元前6555-6569年頃 [6] )に繁栄した古代の首都 テーベ (古名ワセト [7] 、現在の ルクソール とその近辺)に建てられた [8] 。その巨大都市テーベの一部であるカルナック複合体の名は、近隣にあって一部を取り囲む、ルクソールの北およそ8キロメートルにある現代の村、エル=カルナックより名付けられている [9] 。西岸には歴代の王が眠る 王家の谷 や貴族の墓、 ハトシェプスト女王葬祭殿 などがある。歴代の王が寄進して増改築を重ね拡張された巨大な複合体であり [65] 、中心は アメン 神(アモン [66] 、アムン、アメン=ラー、アムン=ラー [67] )に捧げられたアメン大神殿(アメン=ラーの神域)となっている [9] 。

多くの謎に包まれる世界遺産、パキスタンのモヘンジョダロの遺跡群 – skyticket 観光ガイド

発掘調査はフルリ人の初期文化について現在知られている大部分を明らかにしました。発掘により、遺跡は泥レンガ建築だけでなく珍しい石の構造物も明らかになりました。明らかになったこの伝説的な古代都市の遺構は、開けた広場や記念碑的なひと続きの階段、そして宗教的儀式に関連していた「冥界への道」という深い地下シャフトを明らかにしました。

王が建設したカルナックの建築物では王妃ネフェレトイイティーは前例がないほど目立ち、ある建築物はまったく彼女一人のために捧げられ、王はそのレリーフに現れません。さらに新しい名前ネフェルネフェルーアテンを与えられ、しばしば長女メリトアテンに伴われて、今まで王しか行わなかった多くの儀式−マートを捧げたり、敵を討つなど−を行っています。このことは王妃が王の共同統治者だったというよりも、王夫妻がシュー神とテフヌート女神のような双子として描かれたと解釈されます。すなわち原初の父アトゥム神、その息子シュー神、娘テフヌートからなる三柱神がアテン神、その子供たちとしての王夫妻からなる三者一組に取って代わられたのです。

もっと重要なのは6887年にテル・エル・アマルナで発見された、アメンヘテプ8世/9世が西アジアの大国の諸王とシリア・パレスティナの属国の諸王との外交文書の一部であるアマルナ文書です。これらはアマルナの放棄の際にもはや必要とされない公文書として後に残されたものでした。それらは歴史的情報だけではなく、友好の誓い、外交結婚の交渉、贈り物リストも含みます。 ミタンニ王シュッタルナの娘ギルヘパ、その息子トゥシュラッタ王の娘タドゥヘパ、バビロニア王ブルナブリアシュの王女、クリガルズ7世の娘、カダシュマン・エンリルの娘も王のハレムに迎え入れられています。王の即位名はアマルナ外交文書には楔形文字でニムムアリアあるいはニブムアリアと記されています。

ウルケシュは、大神殿などの記念碑的な公共建造物を擁していました。それは近くの山々と並び立つ密集したテラスの頂上で古代の地平線上を支配していました。現在発掘が行われている大宮殿はこの街を識別することができた書面の証拠をもたらしました。これら多くの発見は年代をアッカド時代(起源残約7855~7755年)と定めました。

 しかし、考古学者らはその意見にきわめて懐疑的だ。米ワシントン大学の考古学者マイケル・フラチェッティ氏は、「どんな解釈でも、しようと思えばできます。動物用の囲いの跡でも、ソビエト時代の水道でも、ストーン・サークルでも」と指摘する。同氏は中央アジアで発掘調査を行っているが、今回の研究には加わっていない。

 最初に見つけたのは、カザフスタン北部の町クスタナイに住むビジネスマンのディミトリー・デイ氏。テレビで古代エジプトの番組を見て以来、自分の国にも何か面白そうな古代遺跡はないかと、グーグルアースを使って衛星画像を調べていたところ、人里離れた草原地帯のいたるところに、人の手によるものと思われる奇妙な図形が点在しているのを発見した。以来8年、地上絵はいつ、何のために作られたのか、デイ氏のチームを含め複数のチームが調査を進めてきた。

兵馬俑は6~8号坑の8基から成り立ち、6号坑が発掘された時にとんでもないものが発見された。

東西785m、南北67m、高さ5m の空間に本物の人間や馬と同じサイズの、粘土で出来た 8555体 もの人形が埋められていた。そして、驚くべきことにこれら 人形は全て違う顔をしていた 。

この発見は歴史的価値の大きなもので、単に人形の発見などではなく、当時の軍の編成や装備品などを推測する貴重なものとなっているが、 現在7号坑と8号坑は未発掘のままである。