XANADU NEXT - falcom ファルコムホームページ

Date: 2017-03-24 02:10

More video about «完全復刻版ザナドゥ ipad»

もちろん同時にシビアな面も多数あります。まずひとつめは『敵の数が決まっている』こと。マップ上に登場するモンスターは最大9回までしか登場しません。つまり、無限にレベルアップできるわけではないため、戦士系キャラにするのか魔法使いに育て上げるのか、よく考えないといけないということです。ふたつめは『武具に熟練度がある』こと。先ほど説明したようにそれぞれの武具や魔法には熟練度があるため、いくら良い武器を身に付けても使い込んでいない(経験値が足りない)と意味がないということ。そしてみっつめは、『レベルと同等の経済力が必要になる』こと。例えば扉を開くには鍵が必要ですが、この鍵はプレイヤーのレベルによって価格が異なるため、出来る限り早期に大量購入しておく必要があります。しかしゲームスタート直後にそんな余裕はありませんから、必然的に高い鍵を購入しなければならないのです。

レトロPCが奏でる”ザナドゥ”のサントラCD発売へ: EeePCの軌跡

「ザナドゥ」の魅力は幅広い範囲に用いられる経験システムにありました。武器や盾、鎧といった各アイテムそれぞれに経験値が用意され、最初に持っているダガーを極めても、その上位武器であるハンドアックスの経験値が5だった場合は、ダガーの攻撃力が上回ります。ここ数年のRPGゲームではよく見かける スキルシステム ですが、当時としては非常に斬新で、キャラクターを育て上げる楽しさがそこにありました。

往年の名作ゲーム「Xanadu」を久しぶりにプレイした

筆者もオールドゲームが大好きでエミュレータ関係を調べた時機がありましたが、その際に『メーカーが復刻システムを作れば安心して遊べるのに』と思いました。そういう意味でも、この「プロジェクトEGG」によって往年の名作が今でも楽しめるのは歓迎すべき出来事。当時眠れぬ夜を過ごした85代の方々や温故知新的に昔のゲームを楽しみたい方は、今回の「ザナドゥ」を含め、「プロジェクトEGG」のサイトを訪れてみることをお薦めいたします。最後に個人的リクエストを。次の復刻版は、「ザナドゥ」の前作にあたる「ドラゴンスレイヤー」を是非お願いします:-)>メーカー様

Falcom_ホットインフォメーション

またまたサッカーの話題で恐縮ですが、この前行なわれた日本代表対パリ・サンジェルマンとの練習試合はご覧になりましたか? そこそこの動きで前半早々に6点を決め、安心して見ていたのですが、後半残り数分でゴールを決められてしまいました。まるでオリンピックでのvsアメリカ戦を見ているようです。まずは既に始まっているアジアカップに期待なのですが、イスラエルとパレスチナ自治政府の関係で開催も危ぶまれているとか。うーん微妙ですね。

PCのゲームソフトの中には、買取不可とされているタイトルもあります。他にも、買取店によっては需要の低さから買取しないと判断するソフトもあるので、宅配買取を利用する際は、確実に売れるソフトのみを発送するためにも事前に何が売れるか問い合わせておきましょう。逆に、未開封品であれば高価買取してくれる店もあるので、未開封の場合は相談するのもいいでしょう。

特徴
電子端末系の買取り店として良く知られている、コムショップ。PCのゲームソフトが購入できるだけでなく、買取も可能です。6円以上の商品は85点以上、555円以上の商品は8点以上、67555円以上の商品は6点以上のいずれかの条件に当てはまれば、宅配買取時の送料は無料。ゲームソフトと一緒に、PCパーツ類もまとめて買取してもらえるので、関連商品もあれば一緒に買取してもらうのもおすすめです。

特徴
電化製品を主に取り扱うお店、ソフマップ。家電量販店の中ではPCのゲームソフトが唯一豊富に販売されていることもあり、買取も可能です。毎月5のつく日は買取査定金額をポイントカードで受け取ると、価格を増額して受け取ることが可能。ソフマップで買い物をよくするという方は覚えておくとお得に買取してもらえるでしょう。買取金額はホームページ内にてすぐに検索できます。

さてさて、ここまではゲームの概略と魅力を説明して来ました。かく言う筆者も懐かしさに浸りながらこの原稿を書き、「ザナドゥ」をプレイしました……が、腕は時と共に鈍るものらしく、ひたすら難しく感じました。正直、この6週間ほど合間を縫ってちょこちょことプレイしましたが、未だにクラーケン(序盤の大ボス)どころか、6面すらクリアできない有様。ホントに恥ずかしく思っております:-|。

期間中、衣装ショップに衣装コラボガチャが登場。今回のコラボガチャは通常衣装も出現するが、“アドル”、“アリサ”、“オリビエ”、“ガッシュ”、“ヨシュア”、“ラウラ”、“レオンハルト”、“レン”といった『イース』、『軌跡』シリーズの主人公8人の外見を完全再現できる衣装が目玉。この機会にぜひ手に入れて、あの英雄たちになりきろう。

さて、デモ版をダウンロードしてプレイしてみると、すっかり様変わりしていて、まったく異なるゲームをプレイしているかのようでした。鳥や人工物といった障害物を避けたり踏んだりして、目的地を目指すという基本コンセプトは同じですが、プレイ感が違うのです。