特集:冬の特大プレゼント2006

Date: 2017-05-22 14:52

 ノルマンディ上陸作戦から始まる、第二次世界大戦で連合軍とドイツ軍が激闘するヨーロッパ戦線を描いたRTS「カンパニーオブヒーローズ 日本語版」が発売され、ランクインを果たしています。緻密なグラフィックは、兵士達の顔の表情、指先の動き、被弾の際の破片の散らばり、服の皺や細かな装備、緻密に設計された車両や戦車など、他の追随を許さないトップクラスの完成度となっています。また、日本ファルコムの人気アクションPRG“イース”シリーズの最新作「イース・オリジン」が発売されました。シリーズ7作目となる今回は、同シリーズの主人公アドル・クリスティンが活躍する時代の755年前の古代イース王国が舞台です。

【楽天市場】4ページ目 ゲーム > PCゲーム > Windowsソフト > サ行:ネットショップ駿河屋 楽天市場店

ゲーム開始時に 不動産を1つ持って始まるため
必ず 維持費に困り続けながらゲームが進める のが このゲームのテーマです。


毎ターン 1金とか2金とか 維持費を払っていかないといけませんが
1金の価値がとても高いこのゲーム

払ってる場合ではない時もありますよね

その場合、 維持費を払わない代わりに その額に等しい枚数の”負債”を受け取る  と言う選択肢が取れるのですが

デッキが太りつつ、どこかで” 負債 ”の返済をしないといけない と言う苦しさ

会社経営の厳しさを うまく再現していました。


・まとめ

最安1円から 価格改定版 の販売情報 - 価格比較の最安百貨 - XOOPSマニア

●INKLUDE



TCGを意識したデザインの 2人対戦型 同人デッキ構築ゲームです。




・2人対戦デッキ構築

センチュリー:スパイスロード 完全日本語版 2017年6月24日発売: アナログゲーム・ボードゲーム速報

(簡単な経歴)
1年目 入社速攻  地獄 に叩き落される
2年目 とてつもない規模のゲームをプログラマ2人で制作
3年目 メインプログラマデビュー、プログラマ1人で制作
     隣のチームの メイン が マスター直前に逃走  尻拭い
4年目  4ヶ月 とか 3ヶ月 のペースで ゲームを制作
     隣のチームが160日溢れの工程で尻拭い
      2ヶ月でゲームを作るらしい
     2ヶ月プロジェクト 無事終了!

毎ターン アクションカードを駆使しつつ、出たお金でカードを購入し
手札にある 攻撃カード を使用して 相手プレイヤーに攻撃します。


アセンション など お金以外に戦闘力を出してモンスターを倒すことで 勝利点を得るパターンはありましたが
相手プレイヤーにダメージを与え ライフを0にするのが目的 と言うのは、初めてのパターンかな と思います。


・ダメージキャンセル

シナリオ や イベント があると言う事で 他のデッキ構築型とは一味違うけれども
けど、ゲームプレイ感覚は デッキ構築型カードゲームと 何も変わらない

バトル要素は 意外と熱い

邪道と言われれば そうかも知れませんが、これはこれで
(直接攻撃し合うゲームなので 好き嫌いは分かれそうです)


また、このゲームは 追加シナリオや、追加部族が作りやすく それでどんどんゲームが広がって行く のですが

では、このゲーム 借金に苦しむだけのゲームか?
と言うとそうではありません。

その理由が 勝利点カード



一旦、商品を購入し、(それを倉庫に置いて)、相場に合わせて その商品を売却する
と言うフローがありますが、基本的には 普通に勝利点を獲得していきます。

それが これらのカード

勝利点が付きつつ、このカードからお金が発生します。
(屋敷 ・・・2金 、公領・・・3金 、属州 ・・・4金 とかなり強力!)

借金を負いつつも 事業を回し、成功させたならば 借金を返済しつつ、自己資産で会社を回していく と言う
お手本のような会社経営ができます。


・不動産、そして 維持費・・・



モンスターが現れ、全プレイヤーが襲われたり
ボーナスで カードが手に入ったり
このラウンドの戦闘は特殊なルールで行われる と言う、ルールの変更だったり

これも、普通のデッキ構築ゲームでは そうそう無い要素ですね。


・部族
プレイヤーは ” ラタリのエルフ ”、” ダカンロード ”、” 不死のウェイカー ”、” ウチュク・イリアン ” 4つの部族のどれかとなります。




このゲームが特徴的なのは、各プレイヤーが購入できるカードは
自分の部族サプライの中からのみ   (加えて、シナリオ別の 共通サプライ) です。 

他のプレイヤーの部族のカードを購入することは できません

ラタリのエルフ   ・・・ 長期戦用? 守りが硬かったり 地盤を固めるのが得意
ダカンロード    ・・・ 小さな部隊ワラワラ出して 大軍で攻める
不死のウェイカー  ・・・ 捨て札にあるスケルトンを蘇らせまくり。 デッキリシャッフル前だと強い
ウチュク・イリアン ・・・ スーサイド。 自軍の被害お構いなしに 暴れまくる

と、各部族で出来上がるデッキの方向性は決まっていて
デッキ構築型ゲームの特徴である 多様なデッキを作ることができる事に対して  あえて反するゲームデザイン のようです。

 コンシューマーは相変わらずXbox 865陣が独占といった感じです。今回ランクインしたタイトルに、SFドラマ“スタートレック”シリーズの全ての時代を網羅した「Star Trek: Legacy」があります。司令官となり、宇宙船の艦隊を指揮するアクションゲームで、65隻以上の宇宙船が登場。TVシリーズで艦長を務めた役者が声優として参加しているあたりがファンを唸らせます。それに対してPS8は、国内のソフトがまだまだ少ないためか「Full Auto 7: Battlelines」、「Untold Legends: Dark Kingdom」といた日本未発売の新作ソフトの売れ行きが好調です。特に、激しいカーバトルが楽しめる「Full Auto 7: Battlelines」は人気が高いです。

ただし、これは あくまで借入金 と言う事で、 マイナス1勝利点 がついている と言う問題があります。

このカードも ” 負債 ”と同じで、3金はらう事で 手札からいつでも廃棄できます。


デッキを強くするためには、どうしても必要なカードですが
ゲーム終了までには、勝利点の事も考えて デッキから居なくなって欲しい

と言う、とても悩ましく ” 借入金 ”と言う名前の生々しさもあり このゲームの大きな特徴だな と思います。


・勝利点カード