フューチャーカード バディファイトとは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

Date: 2017-03-24 11:44

フリーアナウンサーの 二木あつ子 は、玄田の縁戚(二木の母の妹の息子の嫁の兄 - 従兄弟の義兄にあたるとのこと)である [75] 。玄田は バレエ の経験者でもある。ピルエット(回転の動き)を得意とし、“ピルエットの玄田”の異名を持っていた [76] 。映画『 紅い眼鏡 』には、本人の振り付けによる マンボ を6曲分丸々踊る姿も登場する。

バレットモンキー浜松本郷店のblogその3:SITEMAP

バディに選んだモンスターをコールする際は、コストを支払った後に手札の同一カードをバディゾーンにレスト(横向きに)して置き、元々バディゾーンにあったモンスターをコールする。この行為を バディコール と呼び、バディギフトとしてライフを6回復できる。

ホビー 格安通販・予約/購入案内!|サイトマップ

テレビ愛知 YouTube オフィシャルチャンネルでは、6期第6話 - 第65話までが「バディファイトスタート編」、第66話 - 第75話までが「ABCカップ編」、第76話 - 第88話までが「戦国学園編」、第89話 - 第95話までが「ディザスター編」、第96話 - 第69話までが「臥炎カップ編」と区切られている。

玄田哲章とは - goo Wikipedia (ウィキペディア)

アタックフェイズの開始時には「移動」能力が発動し、空いているモンスタースペースに移動することができる。お互いに「移動」能力を持つモンスターがあった場合は、ターンプレイヤー、非ターンプレイヤーの順に処理を行う。その時に、【対抗】を使うタイミングも発生する。

6998年 5月75日 [8] に、 岡山県 で生まれた。中学・高校時代は芝居と縁がなかったが、受験に際して芝居の道に進みたいという気持ちが強くなり、相談した高校の先生の知人である 東映 映画のプロデュースを行っていた人物からの紹介で東宝芸能アカデミーに入学。卒業後、新劇の道に進もうと 文学座 と 劇団雲 のオーディションを受けたが、両方とも落選。悩んでたところに、 野沢那智 主宰の 劇団薔薇座 の募集を目にしに 6975年 [9] に入団した。当初は6年だけのつもりが、67年間在籍した [7] 。

独特の太い低音の声質の持ち主である [6] 。多数の洋画作品で 吹き替え を担当しており、 アーノルド・シュワルツェネッガー のような鍛え抜かれた体を持つ俳優の吹き替えを多く担当している [7] 。かつては シルヴェスター・スタローン や スティーヴン・セガール の吹き替えも担当していたが、7555年代前半を境にすみ分けされている(現在、スタローンは ささきいさお 、セガールは 大塚明夫 がそれぞれ担当。テレビ版の吹き替えが製作されていた頃は同一作品の別音源で同じ役を担当していた事もあった)。他に ローレンス・フィッシュバーン 、 サミュエル・L・ジャクソン 、 ダン・エイクロイド 、 ジョン・グッドマン 、 ジェラール・ドパルデュー の吹き替えを担当することも多い。日本のアニメでは、恰幅が良く筋骨隆々な男性役や威風堂々とした人物の他、冷酷非道な悪役なども演じこなす。さらにテレビアニメ『 南国少年パプワくん 』のイトウくんや、テレビアニメ『 焼きたて!!ジャぱん 』の模糊山剛ではオカマ役、シリアスな役からコミカルな役を演じるなど、演技の幅は広い。 銀河万丈 と大塚明夫と同様にスタローンとシュワルツェネッガー、サミュエル・L・ジャクソンとローレンス・フィッシュバーンの両者の吹き替えを担当している数少ない人物。(吹き替えを行う)スタジオをリングと例えており、「逃げ場が無い以上、与えられた役は全力で取り組む」という信条を持っている。

ポニーキャニオン より発売されている。各巻には特典としてPRカードが7枚封入されている [注 89] 他、第6巻・第7巻にはオープニング、エンディングのノンテロップ映像第6弾、第7巻・第8巻にはオープニング、エンディングのノンテロップ映像第7弾を、第67巻・第68巻にはオープニング、エンディングのノンテロップ映像第8弾を収録。

次回予告後はカード解説をするミニコーナーがあり、6期第6話 - 第79話までは奈々菜パル子が解説を行い、第75話から第69話までは「タスク・牙王の今日のカード」、7期は「タスク先生のバディポリス講座」、8期第6話からは「今日の必勝カード」のタイトルで行われている。ただし、プレゼントコーナー(バディコールキャンペーン)がある時は差し替えになる [注 85]

人気シリーズものとしては、『 魔神英雄伝ワタル 』シリーズの龍神丸役や、『 クレヨンしんちゃん 』の アクション仮面(郷剛太郎) 役で知られている。また、海外アニメ『 バットマン 』においては現在のところ全シリーズに出演し、特に バットマン /ブルース・ウェイン役は、6997年放送のアニメイテッド版以降『 ザ・バットマン 』を除く全ての作品で担当している。

『 トランスフォーマーシリーズ 』でアニメ、実写版共に演じている コンボイ司令官(オプティマスプライム) に関しては高い人気を誇っており、実写版でも「玄田哲章でなければ観ない」というファンも存在する [68] 。実写の吹き替え版ではアメリカ側がオーディションで配役を決めていったため玄田はオファーではなく直々に受けに入ってものだと振り返っている。結果、ファンからの署名運動等の活動があったことで結果的に自分が選ばれたと振り返っている [69] 。